• 著者(川崎)

プレゼン力UP! 伝える技術 Part-1.


仕事でプレゼンテーションを行う機会は多いと思います。どのような手法を使えば、聞く人に分かりやすく伝えることができるでしょうか?どのような説明をすれば理解してもらえるのか、、、などなど悩むことも多いのではないでしょうか?

ということで、「プレゼン力UP!」という題目で不定期でありますが、これまでの経験を踏まえた上で説明していきたいと思います。

プレゼン力をUP!させるには、テレビの手法をうまく使えば、かなり伝わるプレゼン力が身につくと思います。つまり、①見せる ②聞かせる ③理解させる この三項目を身につければ、かなりプレゼン力は向上するはずです。

大事なことは「最初」に伝えましょう!

これが結論です。「え!」と思われることでしょう。プレゼンの構成をまず組み立てましょう。下図のような構成でプレゼン内容を整理してみましょう。

プレゼンでは、最初に内容の概略を伝えなければ、その先に関心を持ってもらえません。

そして、グダグダと長時間話すのはNGです。できれば15秒以内で、結論を

①「何が」

②「どうした」

③「どうなる」

でまとめましょう。

例えば、

「これから提案するのは、固定費を2割削減する〇〇〇システムです。」

更に

「この説明には、約15分お時間をいただきます。」

「最後に5分ご質疑応答のお時間を取りたいと思います。」

と最初に結論を簡素に短文でかつ、短い時間で話をして聞き手を惹きつけます。

そして本論へつなげ、さらに今回のプレゼンテーションを実施することで、得られる未来の姿(この場合、予測でOKです。)を語り、最後にプレゼン全体をまとめます。

このまとめの部分は、時間切れになっても省略できる部分と考えておけばよいでしょう。

いいかがでしたでしょうか。上図の4つの項目にプレゼンする内容を整理することで、効率的なプレゼンテーションを行えるのではないかと思います。

#プレゼン力UP

11回の閲覧

​〒851-3212 長崎市長浦町2456

​090-5929-2383

月~金 AM10:00 ~ PM6:00 (休日:日・祝日)

​お問合せはお気軽にどうぞ!

© Copyright by AISCA PROJECT.ALL Rights Reserved.